スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超絶変態キーバインド

突然ですが、最近キーボード配列の最適化に取り組んでいます。
まずは写真です。

key
real
4mm

英語配列
Dvorak
日本語配列
DvorakY
使用キーボード
TK-FCM005WH
使用ソフト
ChangeKey v1.4
DvorakJ
AutoHotKey

ここまでになる経緯を説明します。

ルール
 ハードウェア:
誰でも手に入れることができるもの
  安価
ソフトウェア:
フリーソフト、Windowsで動作し、Windowsのバージョンに左右されない
 指使い
  モディファイヤキーは親指で操作
  無理な指の姿勢は禁止
  左手だけでもキー入力可能


考慮しないもの
  習得のしやすさ
  ほかのキー配列との互換性
  見た目の変態度


もともとは、腱鞘炎防止のためにDvorak配列に乗り換えたのがきっかけです。


"標準的な日本語キーボードを用いる限り、操作効率の追求はこのあたりで限界に達するでしょう。この先へ進むにはどうしても 親指に 8 個のキーが必要です!"


という記事をみて、"キーボードを反対にかまえればいいじゃん"と思い、実装しました。
詳細は次回。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。